今までの概念を壊すような新製品

サプリ

皆様は、プラズマローゲンという成分をご存知でしょうか。プラズマローゲンは、主に脂肪分を運動エネルギーに変える働きを持つリン脂質という栄養素の中の一つになります。リン脂質は、そのような働きの他に人間の記憶に関する部分にも影響を及ぼすともいわれ、いわゆるうっかりミスが多い人にはこのリン脂質のおよそ20%を占めるプラズマローゲンが減少傾向にあるという研究結果も報告されています。そのような脳や頭の健康に必要不可欠な成分とされるプラズマローゲンをサプリにしたものが、今様々な世代から注目を集めています。その要因には今までのサプリとは一線を画す効果が期待出来るという事に加え、大手通販サイトなどでの取り扱いなどにより世間への露出が増えたという事も人気の要因になっています。

超高齢化社会の悩みの解消にも期待される

服用

プラズマローゲンサプリは、日本がこれから迎えるとされる、超高齢化社会ならではの悩みの解消にも期待が集まっています。プラズマローゲンで脳の健康を保つことにより、生活習慣病につながる動脈硬化を事前に予防する効果が期待出来るためです。動脈硬化は認知症につながる危険な症状です。厚生労働省の2015年の調査によると、2025年には2012年時点の約1.5倍とされる、700万人以上の認知症患者が発生してしまう可能性があるとの調査結果が出ています。これは65歳以上の高齢者の20%が認知症になってしまうという計算になり、いかに深刻な数字かという事が分かります。そのような人たちを少しでも減らせるようにと、脳の健康を守り認知症を事前に予防出来る可能性があると期待を集めているのです。

新しい研究も進められている

サプリ

このプラズマローゲンサプリはさらなる可能性があるとして、現在進行形で研究が進められています。その一つがプラズマローゲンを抽出する原料をホタテに変更し、プラズマローゲンの効果をより鋭くするという研究です。ホタテ由来のものは、従来のものに比べDHAやEPA等の有効成分が多く含まれています。このDHAやEPA効果をより鋭くするものではないかという事が研究により明らかになろうとしているのです。実際、効果が出るまで4カ月程度かかるとされた臨床実験がホタテ由来のものの場合には2週間で明らかな効果が出たとされたことから、何らかの影響があるものとして研究が進められています。さらに、プラズマローゲンは運動能力も高める可能性があるとしてそちらの分野の研究も進められています。運動機能と脳機能の因果関係がいくつも証明されていることから、プラズマローゲンにより脳機能を高めることにより、運動能力を高め、寝たきりの書状などで悩む人を少なくするという事が研究の目的の一つです。

広告募集中